可視化サービス

n04-1182x461

 

-概要-

大阪大学サイバーメディアセンターでは、科学データおよびその解析結果の可視化、情報可視化、可視化解析等の様々な研究用途やアウトリーチを目的として、「京」を中核とするHPCI (High Performance Computing Infrastructure)の産業利用支援および裾野拡大を視野に入れ、「HPCI と連動するネットワーク共有型可視化システム」を導入し、2014 年4 月よりサービスを開始しています。
本システムは主に次の3つから構成されています。

  1. (1) 24 面大型立体表示システム(大阪大学吹田キャンパス)
  2. (2) 15 面シリンドリカル立体表示システム(グランフロント大阪9F うめきた拠点)
  3. (3) ネットワークストレージ

また、これらの可視化システム上でAVS Express/MPE VR、IDL、Gsharp、CAVELib、EasyVR MH Fusion VR、VR4MAX などの可視化やVR 関連の様々なソフトウェアを利用できます。

 

▶詳しくはこちら