大阪大学サイバーメディアセンター 教育用計算機システム
Educational Computer System Cybermedia Center, Osaka University
CALLシステム

CALLシステム

はじめに、沿革

特徴

アプリケーション

運用・管理

教室の場所

CALL教室の開放時間


学内向け情報

TOEIC試験対策

CALL教室時間割

教育用電子計算機
システムに戻る


CALLシステムについて

 CALLシステムは、大阪大学サイバーメディアセンターの教育用計算機システムのひとつであり、 学内のマルチメディア外国語教育における重要な役割を担っています。 語学アプリケーションや双方向コミュニケーションシステムが導入されたWindowsサーバと、 Windows 7、Windows 10 端末 419台から構成されています。
 大阪大学豊中キャンパスのサイバーメディアセンター豊中教育研究棟の4教室に255台、 全学教育推進機構管理・講義A棟の2教室に105台、箕面キャンパスの総合研究棟の1教室に40台、 学生用として配置され授業などに利用されています。また、自習利用としてサイバーメディアセンター本館に19台を開放し、 学生の便宜を計っています。

サーバ群 100人教室
 CALLでは、英語、フランス語、ドイツ語などの語学を中心とした授業が行われています。 また、語学教材以外に、Word、Excel、Webブラウザ、OUMail等も利用可能です。
授業風景 ネイティブ教師による授業
 また、豊中教育研究棟の教室も授業の無い時間帯には、すべての学生(大学院生、研究生を含む)に対して、 CALL教室を開放し、自主学習のための環境を提供しています。